Bed Side Cabinet with Drawer by Charlotte Perriand for Les Arcs in Pine

Bed Side Cabinet with Drawer by Charlotte Perriand for Les Arcs in Pine

France , 1970s

Charlotte Perriand(シャルロット・ペリアン)が携わったフランスの " Les Arcs(レザルク)" スキーリゾートで使用されていたパイン製のビンテージキャビネット。

ペリアンはレ・ザルクの開発計画に参画、施設の設計や内装などトータルにプロデュースしました。

※通販をご希望の方は REQUEST ボタンよりお問い合わせください

PRICE
180,000 JPY + TAX
MATERIAL
Pine
SIZE
W510 D460 H750mm
DESINGER
Charlotte PerriandCharlotte Perriand
GALLERY(ギャラリー営業)
金・土・日・祝日:12:00 - 19:00
その他:完全予約制
撮影スタジオ営業:月〜木+営業日午前中
RESERVATION
Charlotte Perriand,シャルロット・ペリアン,Les Arcs,レザルク,Bed Side Cabinet,Cabinet,キャビネット,ベッドサイドキャビネット,フランス,清澄白河,アンティークショップ,Antique,Vintage,Interior Design,アンティーク,ビンテージ,ヴィンテージ,家具,雑貨,インテリア,店舗什器,設計,インテリアデザイン,内装,什器,店舗設計,ギャラリー,ミッドセンチュリー, Charlotte Perriand,シャルロット・ペリアン,Les Arcs,レザルク,Bed Side Cabinet,Cabinet,キャビネット,ベッドサイドキャビネット,フランス,清澄白河,アンティークショップ,Antique,Vintage,Interior Design,アンティーク,ビンテージ,ヴィンテージ,家具,雑貨,インテリア,店舗什器,設計,インテリアデザイン,内装,什器,店舗設計,ギャラリー,ミッドセンチュリー, Charlotte Perriand,シャルロット・ペリアン,Les Arcs,レザルク,Bed Side Cabinet,Cabinet,キャビネット,ベッドサイドキャビネット,フランス,清澄白河,アンティークショップ,Antique,Vintage,Interior Design,アンティーク,ビンテージ,ヴィンテージ,家具,雑貨,インテリア,店舗什器,設計,インテリアデザイン,内装,什器,店舗設計,ギャラリー,ミッドセンチュリー, Charlotte Perriand,シャルロット・ペリアン,Les Arcs,レザルク,Bed Side Cabinet,Cabinet,キャビネット,ベッドサイドキャビネット,フランス,清澄白河,アンティークショップ,Antique,Vintage,Interior Design,アンティーク,ビンテージ,ヴィンテージ,家具,雑貨,インテリア,店舗什器,設計,インテリアデザイン,内装,什器,店舗設計,ギャラリー,ミッドセンチュリー, Charlotte Perriand,シャルロット・ペリアン,Les Arcs,レザルク,Bed Side Cabinet,Cabinet,キャビネット,ベッドサイドキャビネット,フランス,清澄白河,アンティークショップ,Antique,Vintage,Interior Design,アンティーク,ビンテージ,ヴィンテージ,家具,雑貨,インテリア,店舗什器,設計,インテリアデザイン,内装,什器,店舗設計,ギャラリー,ミッドセンチュリー, Charlotte Perriand,シャルロット・ペリアン,Les Arcs,レザルク,Bed Side Cabinet,Cabinet,キャビネット,ベッドサイドキャビネット,フランス,清澄白河,アンティークショップ,Antique,Vintage,Interior Design,アンティーク,ビンテージ,ヴィンテージ,家具,雑貨,インテリア,店舗什器,設計,インテリアデザイン,内装,什器,店舗設計,ギャラリー,ミッドセンチュリー,

DESIGNER

Charlotte Perriand

Charlotte Perriandシャルロット・ペリアン

フランスの建築家・デザイナー。
1925 年パリの装飾美術連合学校(エコールUCAD)を卒業後、自らのアトリエを開設。同年、サロン・ドートンヌに出展した「屋根裏のバー」で注目を浴び、これをきっかけにル・コルビュジエの事務所で前川國男や坂倉準三、ピエール・ジャンヌレらと共に働くことになります。その後、シェーズロングを始め、数々の名作をコルビュジエとともに世に送り出しました。

1940年には、坂倉準三の誘いで、輸出工芸指導の顧問として日本へ招かれ、1年余りの滞在期間に日本各地を柳宗理の案内でまわり、日本の伝統的な暮らしや美意識に深い感銘を受け、その後の作品に強く反映されています。
VIEW MORE