Suger Pot “Valencia” for ARABIA by Ulla Procope

Suger Pot “Valencia” for ARABIA by Ulla Procope

Finland , 1960 - 2002

フィンランドの陶器メーカー、アラビアよりヴァレンジアシリーズの蓋付シュガーポットです。

Valencia(ヴァレンシア)シリーズは1960年 〜 2002年にかけて製造販売された、ARABIA(アラビア)最後のハンドペイント製品です、特徴である深いブルーの絵柄は、すべてフリーハンドで描かれたもので、絵付け師の手仕事が反映されるため、柄のニュアンスから釉薬の濃淡まで様々で、まったく同じものは世界に2つとなく、アラビアの中でも高級ラインとして販売されていました。

フォルムデザイン、デコレーションデザイン共に Ulla Procope(ウラ・プロコッペ)が手がけ、Ulla Procope のイニシャル「 U P」 のサインと、絵付け師のイニシャルのサイン裏面にあるものは1960年代初期にフィンランド国内販売用に製造されたものです。

在庫:1点

※通販をご希望の方は REQUEST ボタンよりお問い合わせください

PRICE
SOLD OUT
MATERIAL
Ceramics
SIZE
W70 D70 H90mm
MAKER
ARABIA, Valencia
DESINGER
Ulla ProcopeUlla Procope
SOLD OUT03 4285 4128
GALLERY(ギャラリー営業)
土曜・日曜:12:00 – 19:00
平日:完全予約制(来店予約はこちら
RESERVATION
Suger Pot “Valencia” for ARABIA by Ulla Procope Suger Pot “Valencia” for ARABIA by Ulla Procope Suger Pot “Valencia” for ARABIA by Ulla Procope

DESIGNER

Ulla Procope

Ulla Procopeウラ・プロコッペ

1921年 – 1968年 フィンランドの陶磁器デザイナー。
1948年にヘルシンキの美術工芸学校を卒業。1954年にアラビア社の陶磁器工場に絵付師として入社後 Kaj Frank(カイ・フランク)によって彼のチームに採用されたことで、デザイナーとしてのキャリアをスタートさせます。アラビア社で最も売れた Ruska(ルスカ)シリーズ を筆頭に、30種を超えるシリーズに採用された『Sモデル』を生み出すなど、数々の功績を残しながら、1966年に亡くなるまでアラビア社で働き続けます。

彼女が得意としたのは、日常生活で使用する実用的なデザインの陶磁器や装飾品。1960年にデザインされ、2002年まで生産されていたARABIA最後のハンドペイントシリーズ Valencia(バレンシア)を始め、フィンランドの秋を表現した Ruska(ルスカ)や、鮮やかな日を浴びた海を思わせる Meri(メリ)、大胆な手描きの花が印象的な Anemone(アネモネ)Rosmarin(ロスマリン)など、数多くのシリーズをデザインしたことで知られています。
VIEW MORE