Soup Bowl “Meri” for ARABIA by Ulla Procope

Soup Bowl “Meri” for ARABIA by Ulla Procope

Finland , 1975 - 1981

フィンランドの陶器メーカー、アラビアよりメリシリーズのスープボウルです。

Meri(メリ)シリーズは1975年 〜 1981年にかけて製造販売されていました。Meriとはフィンランド語で海を意味します。その深みのあるブルーが目を引き、落ち着いたブラウンとブラックのカラーが海岸線を連想させます。そしてベースの美しいブルーには小さな斑点が入り深い海を想像させる印象深い作品です。
フォルムデザイン、デコレーションデザイン共にUlla Procope(ウラ・プロコッペ)による作品です。

在庫:4点

※通販をご希望の方は REQUEST ボタンよりお問い合わせください

PRICE
6,500 JPY + TAX
MATERIAL
Stoneware
SIZE
W200 D200 H35mm
MAKER
ARABIA, Meri
DESINGER
Ulla ProcopeUlla Procope
GALLERY(ギャラリー営業)
土曜・日曜:12:00 – 19:00
平日:完全予約制(来店予約はこちら
RESERVATION
Soup Bowl “Meri” for ARABIA by Ulla Procope Soup Bowl “Meri” for ARABIA by Ulla Procope

DESIGNER

Ulla Procope

Ulla Procopeウラ・プロコッペ

1921年 – 1968年 フィンランドの陶磁器デザイナー。
1948年にヘルシンキの美術工芸学校を卒業。1954年にアラビア社の陶磁器工場に絵付師として入社後 Kaj Frank(カイ・フランク)によって彼のチームに採用されたことで、デザイナーとしてのキャリアをスタートさせます。アラビア社で最も売れた Ruska(ルスカ)シリーズ を筆頭に、30種を超えるシリーズに採用された『Sモデル』を生み出すなど、数々の功績を残しながら、1966年に亡くなるまでアラビア社で働き続けます。

彼女が得意としたのは、日常生活で使用する実用的なデザインの陶磁器や装飾品。1960年にデザインされ、2002年まで生産されていたARABIA最後のハンドペイントシリーズ Valencia(バレンシア)を始め、フィンランドの秋を表現した Ruska(ルスカ)や、鮮やかな日を浴びた海を思わせる Meri(メリ)、大胆な手描きの花が印象的な Anemone(アネモネ)Rosmarin(ロスマリン)など、数多くのシリーズをデザインしたことで知られています。
VIEW MORE