Amsterdam Chair by Pierre Guariche for Maison du Monde in Brown Leather

Amsterdam Chair by Pierre Guariche for Maison du Monde in Brown Leather

,

Pierre Guariche(ピエール・ガーリッシュ)によって、1950年代にデザインされたアムステルダムチェア。

こちらは2000年以降にMaison du Monde社により復刻されたモデルで、艶やかなレザーの経年が美しい1脚です。

在庫:1点

※通販をご希望の方は REQUEST ボタンよりお問い合わせください

PRICE
148,000 JPY + TAX / each
MATERIAL
Leather , Steel
SIZE
W520 D530 H740 SH455mm
DESINGER
Pierre GuarichePierre Guariche
STYLE
VINTAGE
GALLERY(ギャラリー営業)
水・木・金・土・日・祝日|12:00 - 19:00
定休日:月・火
スタジオ営業:月〜金(祝・祭日は除く)
RESERVATION
Amsterdam Chair by Pierre Guariche for Maison du Monde in Brown Leather Amsterdam Chair by Pierre Guariche for Maison du Monde in Brown Leather Amsterdam Chair by Pierre Guariche for Maison du Monde in Brown Leather Amsterdam Chair by Pierre Guariche for Maison du Monde in Brown Leather Amsterdam Chair by Pierre Guariche for Maison du Monde in Brown Leather Amsterdam Chair by Pierre Guariche for Maison du Monde in Brown Leather Amsterdam Chair by Pierre Guariche for Maison du Monde in Brown Leather Amsterdam Chair by Pierre Guariche for Maison du Monde in Brown Leather Amsterdam Chair by Pierre Guariche for Maison du Monde in Brown Leather Amsterdam Chair by Pierre Guariche for Maison du Monde in Brown Leather

DESIGNER

Pierre Guariche

Pierre Guaricheピエール・ガーリッシュ

第二次世界大戦後の復興期に活躍したフランスのデザイナー。
パリ国立装飾芸術高等学校(ENSAD)に入学し、René Gabriel(ルネ・ガブリエル)に師事、卒業後 Marcel Gascoin(マルセル・ガスコアン)の元でそのキャリアをスタートします。

MAIギャラリーで彼の家具の一部が展示された後、1951年に設立された「AIRBORNE社」に採用されます。1951年には大手家具メーカーである「Steiner社」とのコラボレーションを開始。トノーチェアと呼ばれる革新的な椅子をデザインし、1953年にはプラスチックとアルミニウム、1954年には曲げ合板を発表しました。また、50年代の最も偉大な照明会社の一つ「DISDEROT社」ともコラボレーションを行っています。

ガーリッシュはそのキャリアを通して、伝統的なフランスデザインの豪華さや戦前モダニズムのハード・シックなデザインに代わる、モダンかつ経済的な代替案を、さまざまなボリューム、色、素材で遊びながら探求し続け、1965年には家具デザイナーにとって最も名誉ある賞とされるルネ・ガブリエル賞を受賞しています。
VIEW MORE