Pierre Paulin

Pierre Paulinピエール・ポラン

1927 - 2009

1927年フランスパリ生まれ。
彫刻家の大叔父、自動車デザイナーの叔父という環境に生まれ、彼らに憧れて彫刻家を目指すが、事故で右手を怪我して断念。その後、パリのエコール・カモンド校で家具の伝統を学び、イームズ、サーリネン、ネルソン達から多大な影響を受けます。

1950年代に入ると、フランスのトーネット社、オランダのアーティフォート社より家具を発表、1965年には造形的かつ座り心地も優れたリボンチェア、翌年にはその名の通り“舌”を思わせるタンチェアなど代表作ともなる椅子を発表します。

その後もそれまでにないストレッチ素材のファブリックを用いた様々な椅子を発表します。1970年には大阪万博、フランスパビリオンにトリコロールのソファ“アンフィス”を登場させます。メタルの土台に幾つものパーツを様々な角度で繋ぎ、中央のクッションが最後に入る事で長い接触面の摩擦がフォルムを固定するという新しい発想の巨大なソファは、パリ日航ホテルのロビーにも使われ当時の人々を驚かせました。

1987年国際インダストリアルデザイン賞を受賞しするなど、60・70年代のフランスを代表するデザイナーの一人です。

‘CM 196’ Side Chair by Pierre Paulin in Steel and White

,