Side Board for Minvielle by A.R.P = Pierre Guaariche , Joseph Andre Motte and Michelle Morgan in Oak

Side Board for Minvielle by A.R.P = Pierre Guaariche , Joseph Andre Motte and Michelle Morgan in Oak

France , 1960s

Pierre Guariche(ピエール・ガーリッシュ)、Joseph Andre Motte(ジョセフ・アンドレ・モットゥ)、Michelle Morgan(ミッシェル・モルティエ)からなる、フランスのデザインユニット A.R.P( Atelier des Recherches Plastiques )によって、1954年にMinvielle社のためにデザインされたダイニングテーブル。

メンテナンス完了後のお渡しとなります。

※通販をご希望の方は REQUEST ボタンよりお問い合わせください

PRICE
SOLD OUT
MATERIAL
Oak
SIZE
W2185 D460 H710mm
DESINGER
A.R.P = Atelier des Recherches PlastiquesA.R.P = Atelier des Recherches PlastiquesPierre GuaarichePierre Guaariche
SOLD OUT03 4285 4128
GALLERY(ギャラリー営業)
金・土・日・祝日:12:00 - 19:00
その他:完全予約制
撮影スタジオ営業:月〜木+営業日午前中
RESERVATION
ピエール・ガーリッシュ,ジョセフ・アンドレ・モットゥ,ミッシェル・モルティエ,A.R.P,Pierre Guariche,Joseph Andre Motte,Michelle Morgan,サイドボード,ヴィンテージサイドボード,ヴィンテージ収納,vintage ピエール・ガーリッシュ,ジョセフ・アンドレ・モットゥ,ミッシェル・モルティエ,A.R.P,Pierre Guariche,Joseph Andre Motte,Michelle Morgan,サイドボード,ヴィンテージサイドボード,ヴィンテージ収納,vintage ピエール・ガーリッシュ,ジョセフ・アンドレ・モットゥ,ミッシェル・モルティエ,A.R.P,Pierre Guariche,Joseph Andre Motte,Michelle Morgan,サイドボード,ヴィンテージサイドボード,ヴィンテージ収納,vintage ピエール・ガーリッシュ,ジョセフ・アンドレ・モットゥ,ミッシェル・モルティエ,A.R.P,Pierre Guariche,Joseph Andre Motte,Michelle Morgan,サイドボード,ヴィンテージサイドボード,ヴィンテージ収納,vintage ピエール・ガーリッシュ,ジョセフ・アンドレ・モットゥ,ミッシェル・モルティエ,A.R.P,Pierre Guariche,Joseph Andre Motte,Michelle Morgan,サイドボード,ヴィンテージサイドボード,ヴィンテージ収納,vintage

DESIGNER

A.R.P = Atelier des Recherches Plastiques

A.R.P = Atelier des Recherches Plastiquesエー・アール・ピー

Pierre Guariche(ピエール・ガーリッシュ)、Joseph Andre Motte(ジョセフ・アンドレ・モットゥ)、Michelle Morgan(ミッシェル・モルティエ)からなる、フランスのデザインユニット。

彼らはマルセル・ガスコアンの事務所で働く中で出会います。
1952年、ガーリッシュが自らのスタジオを開くためにエージェンシーを去るも、ミッシェル・モルティエとジョセフ・アンドレ・モットゥはエージェンシーで働き続け、ガスコアンの支援を受けて、共同で仕事をすることを決意します。

1954年2月に開催された「サロンド・アール・メネジャーズ」で、2人はブースをシェアしそれぞれのクリエイションを発表。このイベントの成功後、ガーリッシュが彼らに協会を立ち上げることを提案。

1954年10月に登録されたこのデザインユニットは、Centre Technique du Boisが主催するコンペティションで数々の賞を受賞しています。
小さなスペースにも収まりやすい、実用的な家具をデザインしようとする彼らのコラボレーションは大成功を収め。出版社ミンヴィエル社のための収納庫のシリーズや、シュタイナー社のアームチェアなど、20世紀を代表する家具が生み出しました。
VIEW MORE
Pierre Guaariche

Pierre Guaaricheピエール・ガーリッシュ

第二次世界大戦後の復興期に活躍したフランスのデザイナー。
パリ国立装飾芸術高等学校(ENSAD)に入学し、René Gabriel(ルネ・ガブリエル)に師事、卒業後 Marcel Gascoin(マルセル・ガスコアン)の元でそのキャリアをスタートします。

MAIギャラリーで彼の家具の一部が展示された後、1951年に設立された「AIRBORNE社」に採用されます。1951年には大手家具メーカーである「Steiner社」とのコラボレーションを開始。トノーチェアと呼ばれる革新的な椅子をデザインし、1953年にはプラスチックとアルミニウム、1954年には曲げ合板を発表しました。また、50年代の最も偉大な照明会社の一つ「DISDEROT社」ともコラボレーションを行っています。

ガーリッシュはそのキャリアを通して、伝統的なフランスデザインの豪華さや戦前モダニズムのハード・シックなデザインに代わる、モダンかつ経済的な代替案を、さまざまなボリューム、色、素材で遊びながら探求し続け、1965年には家具デザイナーにとって最も名誉ある賞とされるルネ・ガブリエル賞を受賞しています。

また、Le Corbusier(ル・コルビジェ)、Pierre Jeanneret (ピエール・ジェンヌレ)、Jean Prouvé(ジャン・プルーヴェ)、Charlotte Perriand (シャルロット・ペリアン)、など当時のフランスを代表する著名な建築家、デザイナーが多数参加したデザイナーの運動団体UAM(Union of Artists modern)のメンバーでもあり、戦後の産業美学に影響を与えました。
VIEW MORE