Amsterdam Chair for Steiner by A.R.P = Pierre Guaariche , Joseph Andre Motte and Michelle Morgan

Amsterdam Chair for Steiner by A.R.P = Pierre Guaariche , Joseph Andre Motte and Michelle Morgan

France , 1950s

Pierre Guariche(ピエール・ガーリッシュ)、Joseph Andre Motte(ジョセフ・アンドレ・モットゥ)、Michelle Morgan(ミッシェル・モルティエ)からなる、フランスのデザインユニット A.R.P( Atelier des Recherches Plastiques )によって、1954年にデザインされたアムステルダムチェアの中でも、貴重なウッドレッグモデル。

Pierre Guariche(ピエール・ガーリッシュ)は1954年、デザインユニット A.R.P(Atelier de Recherches Plastiques)を結成。同年 A.R.P 名義で Amsterdam チェアの脚部をスチールパイプからウッドレッグに変更したこの椅子をインテリアサロンで発表しました。

※通販をご希望の方は REQUEST ボタンよりお問い合わせください

PRICE
Price Upon Request
MATERIAL
Coming soon
SIZE
W490 D490 H755 SH455mm
DESINGER
A.R.P = Atelier des Recherches PlastiquesA.R.P = Atelier des Recherches PlastiquesPierre GuaarichePierre Guaariche
GALLERY(ギャラリー営業)
金・土・日・祝日:12:00 - 19:00
その他:完全予約制
撮影スタジオ営業:月〜木+営業日午前中
RESERVATION
清澄白河,アンティークショップ,Antique,Vintage,Interior Design,アンティーク,ビンテージ,ヴィンテージ,家具,雑貨,インテリア,店舗什器,設計,インテリアデザイン,内装,什器,店舗設計,ギャラリー,ミッドセンチュリー,Pierre Guaariche,ピエール・ガーリッシュ,トノーチェア,ヴィンテージチェア,アムステルダムチェア,フランス製 清澄白河,アンティークショップ,Antique,Vintage,Interior Design,アンティーク,ビンテージ,ヴィンテージ,家具,雑貨,インテリア,店舗什器,設計,インテリアデザイン,内装,什器,店舗設計,ギャラリー,ミッドセンチュリー,Pierre Guaariche,ピエール・ガーリッシュ,トノーチェア,ヴィンテージチェア,アムステルダムチェア,フランス製 清澄白河,アンティークショップ,Antique,Vintage,Interior Design,アンティーク,ビンテージ,ヴィンテージ,家具,雑貨,インテリア,店舗什器,設計,インテリアデザイン,内装,什器,店舗設計,ギャラリー,ミッドセンチュリー,Pierre Guaariche,ピエール・ガーリッシュ,トノーチェア,ヴィンテージチェア,アムステルダムチェア,フランス製 清澄白河,アンティークショップ,Antique,Vintage,Interior Design,アンティーク,ビンテージ,ヴィンテージ,家具,雑貨,インテリア,店舗什器,設計,インテリアデザイン,内装,什器,店舗設計,ギャラリー,ミッドセンチュリー,Pierre Guaariche,ピエール・ガーリッシュ,トノーチェア,ヴィンテージチェア,アムステルダムチェア,フランス製 清澄白河,アンティークショップ,Antique,Vintage,Interior Design,アンティーク,ビンテージ,ヴィンテージ,家具,雑貨,インテリア,店舗什器,設計,インテリアデザイン,内装,什器,店舗設計,ギャラリー,ミッドセンチュリー,Pierre Guaariche,ピエール・ガーリッシュ,トノーチェア,ヴィンテージチェア,アムステルダムチェア,フランス製

DESIGNER

A.R.P = Atelier des Recherches Plastiques

A.R.P = Atelier des Recherches Plastiquesエー・アール・ピー

Pierre Guariche(ピエール・ガーリッシュ)、Joseph Andre Motte(ジョセフ・アンドレ・モットゥ)、Michelle Morgan(ミッシェル・モルティエ)からなる、フランスのデザインユニット。

彼らはマルセル・ガスコアンの事務所で働く中で出会います。
1952年、ガーリッシュが自らのスタジオを開くためにエージェンシーを去るも、ミッシェル・モルティエとジョセフ・アンドレ・モットゥはエージェンシーで働き続け、ガスコアンの支援を受けて、共同で仕事をすることを決意します。

1954年2月に開催された「サロンド・アール・メネジャーズ」で、2人はブースをシェアしそれぞれのクリエイションを発表。このイベントの成功後、ガーリッシュが彼らに協会を立ち上げることを提案。

1954年10月に登録されたこのデザインユニットは、Centre Technique du Boisが主催するコンペティションで数々の賞を受賞しています。
小さなスペースにも収まりやすい、実用的な家具をデザインしようとする彼らのコラボレーションは大成功を収め。出版社ミンヴィエル社のための収納庫のシリーズや、シュタイナー社のアームチェアなど、20世紀を代表する家具が生み出しました。
VIEW MORE
Pierre Guaariche

Pierre Guaaricheピエール・ガーリッシュ

第二次世界大戦後の復興期に活躍したフランスのデザイナー。
パリ国立装飾芸術高等学校(ENSAD)に入学し、René Gabriel(ルネ・ガブリエル)に師事、卒業後 Marcel Gascoin(マルセル・ガスコアン)の元でそのキャリアをスタートします。

MAIギャラリーで彼の家具の一部が展示された後、1951年に設立された「AIRBORNE社」に採用されます。1951年には大手家具メーカーである「Steiner社」とのコラボレーションを開始。トノーチェアと呼ばれる革新的な椅子をデザインし、1953年にはプラスチックとアルミニウム、1954年には曲げ合板を発表しました。また、50年代の最も偉大な照明会社の一つ「DISDEROT社」ともコラボレーションを行っています。

ガーリッシュはそのキャリアを通して、伝統的なフランスデザインの豪華さや戦前モダニズムのハード・シックなデザインに代わる、モダンかつ経済的な代替案を、さまざまなボリューム、色、素材で遊びながら探求し続け、1965年には家具デザイナーにとって最も名誉ある賞とされるルネ・ガブリエル賞を受賞しています。

また、Le Corbusier(ル・コルビジェ)、Pierre Jeanneret (ピエール・ジェンヌレ)、Jean Prouvé(ジャン・プルーヴェ)、Charlotte Perriand (シャルロット・ペリアン)、など当時のフランスを代表する著名な建築家、デザイナーが多数参加したデザイナーの運動団体UAM(Union of Artists modern)のメンバーでもあり、戦後の産業美学に影響を与えました。
VIEW MORE