Ulla Procope

Ulla Procopeウラ・プロコペ

1921 - 1968

フィンランドの陶磁器デザイナー。フィンランドのデザインの黄金時代に最も注目されたフィンランドの陶磁器デザイナーの一人です。
1948年にヘルシンキの美術工芸学校(後のアールト美術学校)を卒業後すぐにアラビア社の陶磁器工場に入社し、1966年に亡くなるまでアラビア社で働き続けます。 プロコペが得意としたのは、日常生活で使用する実用的なデザインの陶磁器や装飾品。1960年にデザインされ、2002年まで生産されていたコバルトブルーの手描きの「バレンシア」シリーズを始め、「ルスカ」「アネモネ」「ロスマリン」「メリ(海)」など、多くのシリーズをデザインしたことでも知られています。